才谷君のなんじゃそら!

2012年はいよいよ○○???
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 礼拝所不敬罪 | main | 連休2 >>
連休1
0
    ああ言えば城陽YES!の巻

     のっけから古いネタですいませんたらーっさて、この3連休(といっても、休みでなかった方もおられるでしょうが)はみなさん何をして過ごされましたか?私は予定目白押しで、かなりバタバタしてました汗この連休に起こったことを才谷お得意の連載でお届けしたいと思っています。

     さて、まず10日です晴れ城陽でのお茶会と大阪で行われた工藤信夫氏の講演会、晩には帰省のために夜行バスで高知までと、この日が一番忙しかったGO!午前中、城陽市で行われた『第2回 春の大茶会』に参加してきました!
    JR城陽駅

     去年も行われたらしいですが、知らなかったなぁムニョムニョなんでも、先着1000名に急須と宇治茶のプレゼントがあるとか祝眠気も気にせず意気揚々と朝8時に京都を出発でんしゃ

     10時開催だったのですが、ある方の情報で『11時にはもう1000名終わるよ』との事だったので、30分前に会場である文化パルク城陽ビル
    文化パルク城陽

     さすがにまだ数十名しか並んでなかったですが、受付にかかる時間も少なくて済むし、早く来てよかったラッキー

     そして受付開始next氏名・住所を記入し、急須とお茶の入った紙袋を受け取るdown


     会場内ではお茶の量り売りや無料接待、茶器販売、宇治の『匠の館』もあのお茶を売っていたりとまさに大茶会!という雰囲気でした。私はまたまた玉露をいただきましたが、何度飲んでもこの玉露は最高の味赤りんご蠅覆瓦澆話禊錣鯊臧プライスダウンdownして販売しており、私も以前から欲しかった泡瓶を格安で購入でき、さらに購入者全員に湯冷ましをプレゼント!という嬉しいおまけもついたてれちゃうホント、来てよかった楽しい会場の外でも、手もみ製茶実演をしており、私もお茶のいい香りに包まれながら少し揉ませていただきました温泉
    手もみ製茶

     11時から会場内のホールでは、『宇治茶の郷づくりシンポジウム』が行われるということで、興味もあったので行ってみました。すると、ホール内からなにやら音楽が聞こえるではないですかカラオケBGMでも流してるかと思いきや、そこにはなんと!
     若い女性がステージで熱唱しているカラオケしかも歌をよく聞くと・・・

     『>♪宇治茶でチャ・チャ・チャ♪宇治茶でチャ・チャ・チャ♪


     なんじゃそら!以前からそのような歌があることは聞いてはいましたが、実際に聞くのは初めて。しかもこんな若い方が歌っているとは知らなかったびっくり

     この女性歌手、AREA(エリア)さんとおっしゃるそうですが、はじめに聞いたときはエリヤと聞き間違え、キリスト教に関係したお方かと思い、本人に直接『お名前の由来は?』と聞いてみたところ、全然見当違いだったことが判明たらーっエリアさんね、覚えておきます。

     さて、シンポジウムではまず、文教大学と立命館の2人の大学教授が宇治茶に関わる研究報告をされた。文教大学人間学部教授・杉本星子氏は『宇治茶をテーマにした修学旅行向けの体験プログラムの開発・実験』という題で話された。企業や観光協会と提携して、学生向けの修学旅行に茶摘、製茶、茶道等の体験をして、宇治茶のよさを認識してもらおうという研究をしているそうで、今後の研究、商品開発への期待がかかる。

     報告後パネルディスカッションが行われ、先の杉本教授と立命館の山崎教授、工学院大学の二村悟客員研究員がパネリストとして、府立大学の宗田好史助教授がコーディネーターとして『宇治茶を活かした郷づくり』と題してディスカッションがなされた。非常に濃い内容で、専門家ではないが京都に住み、お茶の好きな私にもかなり興味深く、何か私にもできることがあるのではと思わせてくれる、楽しいシンポジウムであった。

     大茶会はこの後も16時まで続いたのだが、私は午後から工藤信夫講演会の予定があったため、惜しむらくも会場を後にした。
    大茶会会場

     近鉄に乗って寺田next新田辺でんしゃそこからJR京田辺駅へGO!工藤氏の講演会まで時間もなかったので急いで列車に乗り込んだその時だった!!

                        ・・・続く
    | 才谷龍太郎 | 趣味の話 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
    ティー太 (2007/02/14 2:12 AM)
    こんにちは。ずいぶん楽しまれたようですね。お茶イベントを見慣れた私にとっては、定番やなーという感じでしたが、初めての人には楽しかったことでしょう。

    先着1000名プレゼントは私が行った14時頃でもかろうじてありましたよ。イベントにはあちこちに知り合いが潜んでいました。スタッフでも、客でも。

    ところで記事中の「泡瓶」、もしや「宝瓶」のことでは?
    才谷龍太郎 (2007/02/14 8:05 PM)
    コメントありがとうございます。さすが日本茶インストラクター!私もそんな知り合い欲しいわぁ〜(笑)
    泡瓶ではないのですね。いままでこれで覚えてました。ご指摘ありがとうございます。









    url: http://come.ag-kyoto.com/trackback/462096
    第2回春の大茶会
    開催をすっかり忘れていて、前日に気づく。午前中に用事を入れてしまっていたので、昼
    | 茶論人日記 | 2007/02/14 2:05 AM |