才谷君のなんじゃそら!

2012年はいよいよ○○???
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 才谷龍太郎復活!! | main | 土佐のえすえる♪ >>
田舎の素敵なコーヒー屋さん
0
    「喫茶どなあ」の巻 
     さて、実家の高知県須崎市より西に車で40分ほど行った四万十町(旧窪川町)に、一軒の喫茶店があるおうち(ま、喫茶店ならどこにでもあるど・・・)。

     その喫茶店のコーヒーは美味しいと家族の間で有名ホットコーヒー店主とも親しい間柄だそうで、私以外の兄弟も皆行ったらしい。

     話は逸れるが、私の姉Tもコーヒーを淹れさせれば一流である。なにしろ、あの某大手コーヒー専門店SBコーヒーで長年働いていたのだから、コーヒーについては何でも知っている鉛筆帰省中もしょっちゅう入れてくれ、カフェイン中毒になるかと思ったほど飲んでしまった。

     喫茶店の話に戻ろう。その喫茶店は「どなあ」という。名前の由来までは聞かなかったが、私的には方言が絡んでいるのでは…?と思っている。ともあれ、よくその店の話を聞くので、一度は行ってみたいと思っていた。

     せっかく帰省しているのだからと、四万十市(旧中村市)に住んでいる祖父母を訪ねようということになり、その途中、どなあに寄ってみようかということになり、期待していたのだが…父はそれをすっかり忘れていて、普通に通り過ぎてしまったびっくり……なんじゃそら!
     仕方がないので、翌日母と訪ねてみた。


     表外観は、一見するところ普通にある喫茶店のようだが…
     中に入った途端、「ふぁ〜」っとコーヒーの芳ばしい香りが気持ちをリラックスさせてくれ、カウンター周辺のデザインが見るものの興味を引く。

     どなあの女主人「ちかさん」はとても美しい方で、語り口調も優しく話題豊富で客を飽きさせない。コーヒーに関しては超一流!


     まず、提供しているコーヒーは豆から挽くのはもちろんの事、専用の焙煎機を使って自家焙煎までしているのだ!!

     更には、様々な種類の豆を用意しており、客の注文にあわせて、一杯一杯を丁寧に淹れてくれる。なんとも素敵なお店なのだラブ

     私が飲んだのは、確かコロンビアあたりだったと思うが、お勧めは「四万十ブレンド」らしい。

     帰り際、ちかさんが「お茶が好きならコーヒーの味も少しはわかるでしょ?さっき焙煎したばかりのコーヒーもって帰る?」と言ってくださった!ありがたい、そういうことならぜひいただきます!と、遠慮の知らない私はずうずうしくも「ストロング」というコーヒーを頂いた。

     ちかさん、あの時はホントにありがとうございました。また帰省した折には必ず伺いますので、よろしくお願いしますね嬉しい
    | 才谷龍太郎 | おすすめ店 | comments(8) | trackbacks(1) | - | - |
    あつろう (2006/11/25 11:43 PM)
    高知を旅した折は寄ってみたいお店ですね。「ストロング」ちがう。「どなあ」でしたね。
    才谷龍太郎 (2006/11/26 1:26 AM)
    ストロングはコーヒーの名前です^^;どなあはコーヒー好きの人ならまず気に入ると思います。ぜひ行ってみてください!
    ながさわ (2006/11/28 9:29 AM)
    昨年、四万十教会に行ったときに、みんなで寄せていただきました。
    雰囲気のあるお店で、コーヒーもとてもおいしかったです。
    「自家焙煎」が印象に残っています。
    「自家焙煎」って「なんじゃそら!?」ということで
    京都に帰ってから、調べてみたりもしました。
    それからは「自家焙煎」って言葉に敏感になったりもしました。
    次回四万十に行くときも、立ち寄りたいな〜。
    才谷龍太郎 (2006/11/28 3:59 PM)
    自家焙煎を知らなかったですか?生の豆を自分で焙煎するなんて、あんまり考えませんもんね。
    でもね、写真の焙煎機は業務用ですが、なんと自家用焙煎機があるんですよ!っても、機械じゃなんですが・・・。
    また機会があれば紹介しますね。
    ちなみに、京都駅伊勢丹地下のコーヒー専門店では生の豆を売ってました。100グラム400円くらいでしたよ。
    ちかさんの夫 (2007/01/06 5:21 PM)
    わざわざ遠い、ところ、おいでくださいまして、誠に有難うございました。どなあ と言う名は、与えるものと言う意味で、皆さんもご存知の、ドナーから付けたものです。店主
    才谷龍太郎 (2007/01/06 7:13 PM)
    ちかさんの夫さん、コメントありがとうございます。なるほど、ドナーから取ったんですか。どなあのコーヒーは、美味しさだけでなくちかさんの愛情がいっぱい込められていますし、癒しを『与える』お店なんですね〜(^_^)
    姉ウイング (2007/01/26 9:10 PM)
    今日「どなあ」行ってきたよ♪ちかさん今日もきれいやった*美味しいし楽しいし窪川に住んでる人は幸せやね〜
    才谷龍太郎 (2007/01/26 10:13 PM)
    出た!姉ウイング、コメントありがとう。高知県人ならどなあは押さえとくべきカフェですね。スイーツとかサイドメニューではなく、コーヒー本来の味で勝負する。まさにストレートでいけるお店だと思います。









    url: http://come.ag-kyoto.com/trackback/417226
    カダナ
    せっかくの連休なので 1年以上前からの懸案だった コーヒー店へ行くことに。[:ホットコーヒー:] 下鴨にある(初めて下鴨神社行ったので そこで撮った写真もちょこちょこ アップしていきますね[:パソコン:]) 「カダナ」 実はここのオーナーさん、
    | 浮舟 | 2007/02/19 8:32 PM |