才谷君のなんじゃそら!

2012年はいよいよ○○???
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< リバイバル | main | 役員候補生 >>
人として
0


     キリスト教界ではよく

     『クリスチャンとして教会ではどうあるべき、社会の中ではどうあるべき』

     という言葉が聞かれます。

     それは個人個人思うところが違うだろうし、別に構わないのだけれど・・・

     中には、『クリスチャンとして』というところで、人前で仮面を被ってクリスチャンらしく見せなければ!!と一生懸命になって疲弊してる人がいるので、困ったもんだな〜と思ってしまいます。

     クリスチャンて何だろう?そのイメージって、どんなものですか?
     私は、生まれた時からこの環境だったので、これが当たり前だと思って過ごしてきたんですが、多くの人から見ればクリスチャン像はやっぱり特殊みたい。

     "真面目" "正直" "欲が無い" "争いを嫌う" "腰が低い"など、良いイメージがよく聞かれます。クリスチャンの中にもそのような像を思い描いて、『そうならなければ!!』と必至になっている人がいます。

     何故?

     自然にできる人はいいでしょうが、常に意識して頑張らないとできないのなら、やらなければいいのにと思うのです。
     頑張ってできるのなら、何もクリスチャンになる必要はない。クリスチャンになって『私は変わりました』って人は、頑張ったからではなく神によって変わったのであって、自分の努力ではないから。
     そして、思うようなクリスチャン像になれなかったからといって、嘆く必要はない。変わることが全て、神の御心とは限らないから。変われない自分を不信仰だと嫌悪するなら、それこそ自己中心という罪だと思う。

     
     クリスチャンだからといって、こうでなければいけない、こうしなきゃいけない、なんてのはみんな人間が決めたことで、神は何も言ってないんじゃないかと思う。

     キリストは言うんじゃないのかな

     『あなたはあなたのままでいい。そのあなたのために私は命を捧げたのだから。ありのままのあなたを、私は愛したのだから。』

     自分がクリスチャンらしく生きる為に必至に頑張ってる方に言いたい。

     『クリスチャンって、楽しい?クリスチャンになって、よかった?』

     自由になりましょ!気負わずに、力抜いて、あなたらしく生きて行こうじゃないですか。教会だろうが自宅だろうが会社だろうが、クリスチャンとしてではなく、まずは『人として』、『あなたとして』、生きることが大切じゃないですか。

     『私から信仰を取ったら、何も残らない』

     なんていう人もいます。神に対して、失礼です。神はあなたに『信仰』だけしか与えなかったのですか?あなたは信仰を持つ前は、その身体はなかったのですか?心はなかったのですか?感情や家族や友人やその他あなたが今持っているものの多くは、信仰によって与えられたもので、信仰がなくなったらそれらもなくなるのですか?

     神は、『あなた』をあなたに与えてくださったのです。信仰や、〜らしくや、〜でなければ、も大事かもしれないけれど、その前にあなたがあなたでなければ意味がないと思うのです。仮面被って、あなたじゃないあなたで信仰云々言われたところで、人の心には響かないだろうし、神も喜ばないだろうと思うのです。

     『信仰が強くなければ』

     という人もいます。『わたしは弱いときにこそ強い』という聖書の言葉はどこへいきましたか?繰り返すようですが、あなたが強かったらクリスチャンになる必要はないのです。そもそも、強い人間など一人もいないのだけれど・・・。

     弱くていい。不信仰でもいい。飾らなくていい。頑張らなくていい。ただ単純に、純粋に、神と直接的な関係を築いていこうじゃないですか。神は喜んで受け入れてくださいます。
     自分に正直に、神に正直に、クリスチャンとしてよりも、人として、与えられたこの命を楽しんでいこうじゃありませんか。
    | 才谷龍太郎 | なんとなく | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    大塚耕智 (2012/02/23 7:50 AM)
    すばらしいと思います。大いに同意します。才谷さんのような人が牧師にならなかったなんて日本のキリスト教会の損失ですね。日本のキリスト教って世界の傾向と同じくどんどんカルト化、原理化が進んでいるような気がして残念です。
    才谷龍太郎 (2012/02/23 12:36 PM)
    >大塚耕智さん

    コメントありがとうございます。

    いやいや、私が昔の価値観のまま牧師になってたら、カルト化に拍車をかけてたでしょうね。この問題に気付けてよかった。
    今はなる気はないですが、なったら教団潰れちゃうかも(笑)そもそも、神学校の入学自体を拒否されてしまいそうです。
    みんな、信仰の上に人生を置くことに『頑張り』過ぎてて、そこにも『人からの評価』の期待と恐れを持ってるから、本当の自由が得られないんでいるんだろうな。もったいないね。









    url: http://come.ag-kyoto.com/trackback/1297789