才谷君のなんじゃそら!

2012年はいよいよ○○???
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 賛否 | main | 送別会 >>
唯一無二
0
    『芦田愛菜ちゃんは、あの歳であんなに儲けてるのに、それに比べてお前はなぁ…』

    ってある人によく言われる別にそれが嫌とかじゃないけど、意味がわからない。

    あの子は万人受けするビジュアルで、英才教育によって演技もできるし回りの大人によって成功さしてもらえたから今があるのだろう。

    片や私は、牧師の子として生まれ、一般的な人たちとはちょっと環境は違うが、ここまで生きてこれた。

    どこが違うか全部違う。環境もビジュアルも経済も才能も生きた歳月も何もかもが違う。

    で、どっちがいい人生かってどっちが幸せかってどちらもだろう…否、私の方が幸せかもしれない(賛同してくれる人はいるか・・・笑)。

    そりゃお金ないし、会社でいいように使われてるし、やりたいこと思うようにできないし、腹立つことも悲しいことも葛藤も煩悩も常にある。

    しかし、だからこそ幸せなのだ。全てが上手くいけばそりゃ楽だろうが、行き詰まり、苦悩し、希望と絶望の間にいることこそ、人生の醍醐味じゃないだろうか。別にあの子がそういうのが無いとは言わないが。。。

    先日、元モーニング娘。の加護愛が自殺未遂したのは皆さんもご存知だろう。2回目だそうだ。
    絶頂期には大金を手にし、やりたいことも欲しいものも思うが侭だったろう。現に、23才にして六本木のマンションで暮らしてるという。うらやましいものだ。。。

    しかし、そんな人が自ら命を絶とうとした。何故幸せでなかったからだ。絶望の縁にいて、そこから逃れたかったのだろう。実に可哀相な人だ(加護ちゃんの気持ちも知らないくせにって知りたくもないけど)。

    人は、一度大きな成功を知ると、失敗を恐れる。勝ち組から負け組に堕ちることを恐れる。そんな恐々生きてたって、楽しいかいどん底を知ってる人の方が、より生きる事を楽しんでるじゃないか。

    芦田愛菜ちゃんだって、これからどんな人生が待ってるだろうか。コケるのも恐いけど、このまま成功人生だけを行ってしまうのも、また恐い。適度に私達視聴者を楽しませる存在であってほしい。

    私は、私としての人生を、悩みながら躓きながら時に立ち止まりながら、楽しんで生きてゆきたい。
    | 才谷龍太郎 | なんとなく | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    Masumi (2011/09/17 12:58 PM)
    ☆こんばんは。二度目のコメントです。ここにも イイね!とか、Like!のクリックボタン(?)があるといいですね。あなたの言い分に、賛同しますよ。
    幸せ(Happiness)ではなく、喜び(JOY)を求め。。そして、あなたのおっしゃるように、どんなことがあっても、人生を楽しんで生きていけるとステキでしょうね。♪ 
    才谷龍太郎 (2011/09/18 10:40 PM)
    >masumiさん

    コメントありがとうございます。
    人生それぞれ。誰が秀でてるってのは、人の価値観によるところが大きいですから、それに惑わされないよう自分の人生を信念持って生きて行きたいですね。
    とはいえ、私もまだ成長途中。いろんなことを吸収して厚みのある人間になりたいですo(^-^)o









    url: トラックバック機能は終了しました。