才谷君のなんじゃそら!

2012年はいよいよ○○???
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 聖霊の満たし | main | 牧師・伝道師に告ぐ >>
所属教団への想いは
0
    ない!!っていうか、かなりサイテーな教団だと思っている。
    理事会は、仲良しクラブみたいにオトモダチで固まってるし、地方教会、それも限界スレスレで頑張っているとこへの配慮も協力も足りない。理事の教会は大きなとこばかりなのに…
    暴走している教会への指導もないし、心身的若しくは経済的被害があっても見て見ぬふり。本部施設の無駄な改築や、教団誌の無駄な刷新などにお金を使い、必要なとこには出し渋り。
    神学生は捨て駒のように動かされ、都合のいいようにパシらされ、いらなくなったらポイ下向き下向き

    大袈裟に書きすぎと思われるかもしれないが、これが現実。希望もなにもあったもんじゃない。こういうことを身近で見てきたものにとっては、居座る理由などどこにもないのだ。否、こういうところからは一刻も早く離れた方がいいとさえ思う。

    なら何故、私はまだ留まっているのか。他教団へ移ればいいのに………他もね、似たり寄ったりなのよどこへ行っても、人間の社会。悲しいかな、お金の集まる所に人も集まり、規模が大きくなれば政治化していって、貧富の差も顕著になっていくのだ。

    ではクリスチャン自体を辞めればいいのでは

    それも昔考えた。本気で辞めようと考えた。でもね、気付いたのよ。神は間違いのない存在だって。人は間違いばかり犯すけれども、神は違う。私がクリスチャンになったのも、神にのみ信仰を置くためなのだと。

    そう考えたとき、一気に気が楽になった。人に囚われ、振り回され、影響されてたんだ。自分の信仰でなく、人の褌で信仰してたんだ。

    こうして私はクリスチャンを辞めることなく、教団を離れずにここまできた。これから先、何者にも振り回されることなく信仰も揺らぐことはないだろうと確信している。

    私が今、教会に行っている理由は、もはや自分の信仰のためではなく、それこそ『教会に仕える』ためなのだ。…適当に、だけどね(笑)
    | 才谷龍太郎 | なんとなく | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    Masumi (2011/09/10 11:04 AM)
    ☆龍太郎さん:はじめまして。Mixiの足跡から訪問させて頂きました。神様のみに仕えると決心して信仰に留まられましたとのこと。。このブログを拝読させていただき嬉しくなってコメントを残させていただきました。あなたの仰るとおり、何者にも振り回されず、信仰を揺るがすことも無く、教会(主の御からだ)に仕えて行かれますように。主は真実で信頼できる御方ですから感謝ですね。Keep looking up!
    才谷龍太郎 (2011/09/12 1:00 AM)
    >MASUMIさん

    コメントありがとうございます。いろいろ悩むこともありますが、平安があるってのは感謝なことです。曲がりなりに生きていこうと思います。
    これからも、御愛読よろしくお願いしますm(_ _)m









    url: トラックバック機能は終了しました。