才谷君のなんじゃそら!

2012年はいよいよ○○???
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< イタさん | main | 横綱の品格 >>
歴史は繰り返す・・・か
0
     刹那に、5年前の事件を思い出しました。

     昨日、茨城県にある国際福音キリスト教会(国際福音グループ)、つくばアガペーチャペル・小牧者訓練会代表、韓国長老派教会牧師の卞在昌(ビュン・ジェーチャン)が準強姦容疑で逮捕されました。

     詳細は、ここでは触れません。コアラさんのブログや村上密師のブログをご参照ください。

     しかし、なんともやりきれない思いで一杯です。。。5年前、京都府八幡市で起こった『聖神中央教会事件』の内容も、容疑者の立場(韓国人牧師)も同じ。何故繰り返されるのでしょう。5年前の事件で、クリスチャン達は何を学んだのですか?牧師・伝道師・宣教師は何を学んだのですか?悔しくてなりません。

     もちろん、卞容疑者が逮捕されたということで、被害者の心も救われたことでしょう。この日を待ち望んでいた人が多くいることは、私も知っています。また、これで一つキリスト教界の膿が出されたことも、良い事だと思います。私が悔しいのは、こういう人間が出ることで、たくさんの未信者にキリスト教への、韓国人への偏見を強めさせるということです。

     私の友人・知人にも韓国人はおりますし、キリスト教関係者はもっと多くいます。彼らは立派な人たちです。そんな人たちをも、偏見によって傷つけてしまう。その原因を、卞容疑者が作ったのです。

     事実、この事件は『氷山の一角』に過ぎません。私の知る限りでも、水面下にはごまんと似たような問題が転がっています。一つひとつ、それらの膿を出していかなければならないのですが、その度にたくさんのクリスチャンが痛みを覚えなければならないことは、非常に残念に思います。
    | 才谷龍太郎 | キリスト教の話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    url: トラックバック機能は終了しました。