才谷君のなんじゃそら!

2012年はいよいよ○○???
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
ひぐたか結婚祝 舛もひで〜
0
     夜明けの高知駅前
     先週、幼馴染で親友のひぐたかの結婚式に行ってきました
     
     一泊二日の帰省でしたが、とても良い式でした

     今回、親友ひぐたかの結婚を祝って、シリーズで記事を載せたいと思います。

     初回は、今回の式で私が友人代表のスピーチをさせていただいたのですが、そのスピーチを基に昔を振り帰りながら、彼との思い出を書いていきます。



     私と彼とが知り合ったのは、小学二年の頃でした。彼が私の通う小学校に転校してきたのがきっかけでした。以来、20年以上に亘って交友をもってきたわけですが、どうしたものか彼が転校してきたという記憶が全くありません物心ついた時には彼はすでに私たちのグループにいたものですから、小学二年の時には私はまだ物心ついていなかったということになるのでしょうか・・・

     さて、昔のひぐたかは、非常におとなしく、無口でシャイな、どちらかというと存在感を感じさせない奴でしたしかし、妙に人の輪に、人の心に自然に入り込むようなところを持っていて、且つ人に違和感や不快感を感じさせないという優れた天性を持っているのです
     あるとき、私たちがいつもの遊び場でいつもの様に遊んでいたときでした。そこへ、いじめっ子グループがやってきたのです。彼らは私たちに近づいてきて

     『おいおまえらここで何してるここは俺らの遊び場やぞ。誰に断って遊んでるんだ

     なんてどこかの三流のドラマか映画のような言葉で威嚇してきました。そして

     『勝手に遊んだことを謝れ

     と一人ひとりに迫ってくるのです。と、おもむろにそのいじめっ子がひぐたかの方を向き

     『ん、ひぐたか君はいいよ

     ・・・って、えええぇぇぇぇぇ

     どんな人にも好かれ、敵を作らない彼の人間性はこの頃からあったようです。

     小中時代、ひぐたかとは本当によく遊びました。川で山で海で空き地やグラウンドで・・・そのなかで一番思い出に残っていることといえば、中学三年の夏に自転車で四国一周をした事でしょう彼と、私と、もう一人の友人と3人で10日程かけて四国4県をぐるりと回ったのですが、ある時の夕方、テントを張った川原の近くで夕食を作っていたときのことですその場所は河口から程近い所にあって、今思えば十分予測できたことなのですが、火を起こして飯ごうをしていると、徐々に水かさが増してくるのがわかったのですそう、満潮の時間が来ていたのですね。『マズイ』と思ったときにはもう遅い(笑)飯ごうが炊き終わる前に火が消えてしまい、できたのは芯の残った硬い米・・・しかしそれしか食べるもののない私たちは、『硬い、マズイ』と苦笑いしながら、しかし誰もお互いを攻めることなく食べたのです。その米の味は、今でも思い出せませんが(笑)
    続きを読む >>
    | 才谷龍太郎 | 昔の思い出 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    若いって・・・
    0
       『全くもって今の若いモンは〜怒り

       と思うことが昨日ありました。

       いや、私も若いんですよ男才谷龍太郎は永遠の18歳ですから(笑)

       『若いっていいね〜ポッ

       とよく言われますし、私も言える年齢になりつつあります(18じゃなかったのか?)。若ければ若いだけ、将来の希望がありますし、可能性もあります。エネルギーもパワーも、それを動かす野望も、若い方が持ちやすいし持っているはず。

       しかし、その分世間知らずなところが壁となり障害となって立ちはだかります。解らないことが多く、それだけ無茶をしたり、天狗になったり、時には自分を神ほどにまで高めてしまう時分。

       仕方ないっちゃ仕方ないしょんぼりそれが年配の方には

       『今時の若いモンはぶー

       と言われる所以でしょう。
      続きを読む >>
      | 才谷龍太郎 | 昔の思い出 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      お茶との出会い
      0
        あの頃は〜ハッワッ!びっくりの巻

         私がお茶にハマってから随分経ちます壁掛時計これまで様々な場面で、私がお茶にのめり込んだきっかけを話してきましたが、改めてここで、皆さんにもお話させていただこうかなと思います。

         ♪あれは3年前〜」(もっと前だったかな汗

         私はA県I市で仕事をしていましたビル四国から随分と離れた土地で、知り合いもいなかったですから、休日はほとんどA県の中心地へ出かけていましたでんしゃ

         10年来ギターを弾いている関係で、主に楽器屋を中心にブラブラしてたんですが、その中に一軒常連にしていたお茶屋さんがあったんです。

         若い頃(今もそれなりにですけど・・・)からお茶は好きだったのですが、そのほとんどは苦〜い渋〜いお茶ばかりで、お茶ってこんなもんだろ?って思ってました。

         ある日、そのお茶屋さんに行くと、『今年最初の新茶が入りましたよ!飲んでみますか?』と店の主人に声を掛けられましたパクッ

         それまでは、ぶらっと行ってすぐに出ていたんですけど、そのときに限っては時間もあったしご主人のせっかくのご好意だからと、新茶を試飲させていただくことにした。

         『暖かくなりましたね〜楽しいどちらから来られたんですか?

         気さくなご主人が世間話をしながら入れてくれるお茶。それはなんと100g/¥2500もする高級煎茶びっくり値段に驚きながら、一口いただく温泉
        続きを読む >>
        | 才谷龍太郎 | 昔の思い出 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        クリスマスには・・・
        0

          サンタクロース本当にいる?の巻

           「龍太郎汗ほら、見てみな!プレゼント来てるよラッキー

           25日の早朝、母の大きな声で起こされる時計母に言われた方向を見ると、枕元に大きなプレゼントがブーツ

           「やったぁ楽しいサンタさん来てくれたんだ〜ハート

           毎年、我が家にはサンタクロースがプレゼントを届けに来てくれる。事前に希望しているものを父に伝え、父がサンタさんにお願いしてくれるのだ携帯

           縦長に包装された今年のプレゼント、何が入っているのかな・・・?

           中学1年の時、私はまだサンタクロースの存在を信じていた。いや、サンタクロースは現にグリーンランドに存在する。が、空飛ぶトナカイに乗って全世界の子供たちにプレゼントは持っていかないポロリそんな常識も、世間知らずな私にはなかった。

           毎年、クリスマス・イヴになると、今年こそサンタの姿を見てやろうと意気込んでいたが、気付いたときにはプレゼントが用意されており、その不可思議さというか、ミステリアスさが子供心に夢を与えてくれたものだった雪
          ワンサンタ

           しかし、大人になっていくということは、時として心身の痛みを伴うものである工具

           サンタクロースの存在を信じていた私も、夢から覚める時がやってきた。
           
           それは突然の出来事だった
          続きを読む >>
          | 才谷龍太郎 | 昔の思い出 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ペットを飼いたい
          0
            柴犬
            犬ってかわいい〜てれちゃうの巻

             幼い頃、犬を飼うのが夢だった犬近所の親しい子がシェットランドシープドックを2匹飼っていて、よく一緒に散歩させたりして可愛がっていた。

             犬のほうも私に懐いていて、彼らのとこへ行くと遠くからでも気付いて尻尾を振りながら待っていて、それはもう自分の犬かと勘違いしたくなるようなほど可愛かった。
            モンシロチョウ

             もともと動物好きだった私は、よく縁日金魚すくいで取ってきた金魚を飼って5倍くらいに成長させたり(私だけが世話したわけではないが・・・)、捨て猫・犬を近所の公園に隠して秘かに友達と世話したり、傷付いて飛べなくなった鳥を保護したり(結局死んでしまったが)。

             変わったものでは、捕まえたトンボの胴体にヒモをくくりつけ、ペット代わりにしたり(動物愛護団体に非難されそうだが)たらーっ、落ち葉の下にいる団子虫をたくさん捕まえ、クッキーの入っていた空き缶に入れて、昆虫図鑑を参考に飼ってみたり・・・。

             こう見ると、私もいろいろやってきたんだなぁ〜ポッ

             思いだせばもっとたくさんあるんですよ銃

             というわけで、動物が好きだった私は、同じく動物が好きだった他の兄弟と組んで、親に「犬を飼ってほしい」旨を伝えようということで一致団結したわけです拍手

             さて、親の反応はというと・・・

             「飼うとなると世話をきちんとしないといけない。朝晩の散歩から餌やり、しつけまで責任持ってしないといけないでしょ。簡単な気持ちで飼おうと思ってたら、犬もかわいそうだからだめだよ。」

             なるほど、もっともなご意見で・・・

             それでも簡単に諦めないのが才谷家の子供たち!

             「ちゃんと世話するから!一生懸命がんばるから、お願い〜汗

             悲壮とも思える声で何度となくねだったが、終始一貫して

             「だめだ」の一点張り。

             しまいにはいい加減にしろと叱られ、なくなく諦めた子供たちであったが・・・
            続きを読む >>
            | 才谷龍太郎 | 昔の思い出 | comments(2) | trackbacks(2) | - | - |