才谷君のなんじゃそら!

2012年はいよいよ○○???
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
誘拐
0
    そんなこと言うかい?の巻

     3月26日、私の愛車・自転車の『チャリ夫自転車』が何者かに誘拐された冷や汗犯行現場は薄暗い電車のガード下でんしゃ日中でも非常に危険な場所だ銃


     現場には犯人の犯行声明が残されていた便箋


     なんと身代金お金2300円を要求しているびっくり期限は一ヶ月壁掛時計む〜ぶーこれは仕方ない、大事なチャリ夫自転車のためだ、助けに行かねばGO!
    続きを読む >>
    | 才谷龍太郎 | 乗り物編 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    親族
    0

      波乱の予兆強風の巻

       昨日、福岡へ0泊旅行に行ってきました路線バス旅行といっても、観光ではなく私の妹Iko結婚披露宴に親族として参加するためです男

       Ikoは現在東京に住んでおり、あの名門『学習院大学』の学生なのです!なのに結婚だなんて、兄として正直心配な気持ちもあるのですが、2人が決めたこと。何も言わずに見守ってあげましょうかふぅ〜ん

       にしても、何故に福岡?

       実は相手の男性が福岡出身という事と、事前に『結婚誓約式』をこっちの実家がある高知で済ませていることもあり、披露宴は彼の地元でということになったのでしょう。遠いムニョムニョとの思いもありましたが、福岡といえば銘茶『八女茶』がありますし植物さらには『博多ラーメン』が有名ですよねラーメンそれらを楽しみに行ってこようかと、ひと月前からバスチケットを予約便箋

       一泊できればゆっくり観光もできるのですが、日曜の晩に帰っていては月曜からの仕事に間に合わないので、やむを得ず0泊という強行スケジュールになってしまいました汗大丈夫かなぁたらーっ
      続きを読む >>
      | 才谷龍太郎 | 乗り物編 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      運転手の失踪?
      0
        クリスマスツリー
        高速バスの怪の巻

         先日、田舎に帰ってましたおうち京都駅から高速バスに乗って、明石大橋渡って四国山脈越えて汗土佐は何故にこれほど遠いのだ!?

         さて、バスが京都駅を出発したのが午後9時30分壁掛時計途中、大阪は大阪駅(梅田)、難波駅、兵庫の三ノ宮駅に立ち寄り乗客を乗せる。終点 須崎には翌朝7時10分の到着予定だ。

         車掌の車内アナウンスが流れる。
        「え〜本日は当バスをご利用いただき、誠にありがとうございます。……途中、トイレ休憩のため、室津パーキングエリアで10分ほど停車いたします。狭い車内ではございますが、ゆっくりとおくつろぎください。」

         本当に狭い。体が伸ばせない。ただでさえ寝つきの悪い私は、締め切ったカーテンの隙間から外を眺めたり、持ってきた本を読んだり、携帯をつついたりetc…

         そのうち車内灯が消され、本が読めなくなった読書一応、読書用補助ランプはあるものの、前後左右の乗客に気を使ってつけられない。携帯もまもなく電池が切れた携帯

         おわっている

         「なぜにこんなときに・・・」しっかり充電してこなかった事を後悔しながら、なんとか寝ようと試みるも、すべて無駄であるムニョムニョ

         そのうちバスは室津PAに到着バストイレ休憩をして、飲み物を買い、再びバスへ。

         いろいろ考え事をしているうちに、少し眠気を催してきたパクッと、そのとき、再びバスがPAに入る。

         「さっき休憩したのに、また?」と思っていたが、運転手のアナウンスもないし、誰も動かない。しばらくしてバスのドアが開く音がして、運転手が車外へ。

         「なぁ〜んだ、車掌交代か」
        満月

         しかし、10分たっても20分たっても誰も戻ってこない。

         「そういえば、運転手以外に乗務員いなかったよな。。。」

         嫌な予感が頭を過ぎる。しかし、誰もなんともいわないので、こんなこともあるもんかと自制しながら寝ようと努める。

         高速バスには何度も乗ったことがある。しかし、乗務員交代の短い時間の停車以外、これほど長く待たされた記憶がない私は、だんだん不安になってくる。

         やがて1時間が経過。「もしかして、運転手の身になにかあったのでは?

        心臓発作で倒れている?

        通り魔に襲われた?

        失踪した!?

         こうなると止まらないたらーっもう寝るどころの話ではない。どうすればいい?なにができる?そうだ!運転手を探しに行こう!いや、他の乗客の不安を煽ってはいけない。落ち着いて〜他にいい方法は?

         馬鹿みたいに考えているうちに、2時間が経過壁掛時計もう決定的だ!運転手は帰ってこない。俺が動かなくては〜ショック

         思わず起きていた隣の乗客に声をかける。

         私「すいません、この状況おかしくないですか?

         乗客「ぼくもそう思っていたんですけど、時間はわからないですけど、前にもこんな事あったし、運転手が仮眠取ってるんじゃないですか?

         (呑気なもんだ。もう2時間だぞ、2時間時計仮眠するってアナウンスもなかったし、こんなことあるか!?

         私「そうですか、じゃ、もうちょっと様子見てみますか。」

         そう話し、席に戻ったその時だった!
        続きを読む >>
        | 才谷龍太郎 | 乗り物編 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        土佐のえすえる♪
        0
          ネーミングって難しいっ!の巻

           さて、今月中旬から26日にかけて、JR土讃線 高知〜須崎間をSLが走っていました電車

           なんでも、高知市で開催中の「土佐二十四万石博」や、大河ドラマ放映にあわせてJR四国が企画したものだそうで。。。

           使用したSLは、なんと「京都市の梅小路機関車館に展示している「C56―160号」を借り受けた」のだそうです。

           JR四国でSLが走るのは5年ぶりで、高知市や須崎市などでは、華やかに歓迎行事も行われていました祝

           しかししかし・・・それよりもなによりも私が気になったのは、そのSLにつけられた名前ですしょんぼり

           その名は・・・・・・「一豊&千代号」!・・・っていうか・・・なんじゃそら!!

           もっといいネーミングがあっただろ!とニュースを見ていて思わず突っ込んでしまいましたNO!

           しかし、その変なネーミングにもかかわらず、SLの人気は高く、沿線の道路にはアマチュアカメラマンや鉄道マニア、昔懐かし高齢者やものめずらしさにはしゃぐ子どもらが集まっていました。

           わたしもそれに負けじと、カメラを構えてシャッターチャンスをうかがっていたのですが・・・
          続きを読む >>
          | 才谷龍太郎 | 乗り物編 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |