才谷君のなんじゃそら!

2012年はいよいよ○○???
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
コン・ヒー逮捕
0
    ついにこいつもやっちまいましたか。
    http://mblog.excite.co.jp/user/maranatha/?_s=d25142a7aa8dab950829b36bc760349a
    まさに『繁栄の神学の崩壊』ですな(笑)私にとっては朗報ですが、裏切られた信仰者の皆さんは気の毒です。
    一日も早く、こんな輩が消えてくれることを祈ります。

    | 才谷龍太郎 | キリスト教の話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    さよなら大好きな人
    0
      JUGEMテーマ:日記・一般
        今月25日、仕事中に実家の友達からメールが入りました。

       『今日、母が息を引き取りました』

       友達のお母さんは実家の教会の信徒さんで、私が幼い頃から大変にお世話になっていた人でした。病状を知ったのは約一ヶ月前。本人も、今年に入ってから知ったとのことで、あっという間のご逝去でした。

       病の床に臥せっていることを聞いたきっかけは、ある日ふと友達のことが頭に浮かんで気になったので電話で聞いたことからです。Facebookで友達からも聞きましたが、まさかそんな深刻だとは露知らず。。。意識がはっきりしているうちにお見舞いに・・・との想いも空しく、メールで訃報を知ってしまいました。

       翌日は土曜日でしたが、あいにく仕事だったので夜行バスにも乗れず、もどかしい思いでいましたが、同僚の計らいで昼には上らせてもらい、即行で新幹線に乗って高知県を目指しました。瀬戸大橋や土讃線の景色は久しぶりで懐かしくもあったのですが、気のせいか全体が悲しい雰囲気に包まれていました。
      続きを読む >>
      | 才谷龍太郎 | キリスト教の話 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      AG九州教区の皆様にお願い
      0
         九州の方で、これを読んでいる人がいればの話ですけど・・・

         この4月より、関西から九州に移動になった伝道師が一人います。その人についてですが、彼は私の大切な友人です。十代の頃より神と人に仕える道を志して、本当になってしまった奴です。

         頭は硬いが、根は真っ直ぐで、真面目で、一生懸命な奴です。目上の者には盲従して、自称『イエスマン』と言っていますが、気遣いぃで人の悩みは親身になって受け止めてくれます。

         正直、アホです。でも、努力家です。成長は遅いですが、確実に一歩を踏み出せる人間です。 猪突猛進型ですが、考える力は最近ちょっとマシになってきました。たまに訳わからんこと言いますが、どこまでいっても憎めない、大切な大切な友人です。

         そんな奴ですが、これからしばらく皆様のお世話になります。どうか長い目で、優しい心で見守ってやって下さい。教職としては未熟で、頼りないかもしれませんが、皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。きっと、立派な牧師となってくれることを私は神の名において信じています。

         慣れない土地で心細く不安も多いことと思いますが、早く九州の地に慣れるよう、協力してあげていただきたいと切に願います。甘えや怠慢、横柄な態度はまずしないと思いますが、もしそのようなことがあれば、私が許さないと釘を刺していますのでご安心ください。万が一そのようなことがあれば、こちらまで(才谷流ブラックジョークです 笑)

         つーくんへ

         こないだも電話で話したけど、ホンマに人を大事にできる伝道師になってください。AGという組織や、教区とのしがらみもややこしく関わってくることやろうと思うけど、(何でもそやけど)長いものに巻かれたら牧師は終わりやしね。何の為に、誰のためにこの仕事してるのか、常に考えて、常に己を省みて、精進していって下さい。私だけじゃないけど、(自称)私が一番君の将来を期待しているから。最も親しい信仰の友として、いつも案じ、いつも祈っている人がたくさんいるということを忘れないで、くじけないで、そして、無茶はせずに神と人とに仕えていってほしいと思います。
         しばらく会えないのは寂しいけど、そのうち連絡もなく遊びにいってやるから(笑)健闘をいのっています。
        | 才谷龍太郎 | キリスト教の話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        大嘘つき(笑)
        0

           毎週、私の所属教会の第二礼拝では、礼拝後に私が一発面白いことを言うコーナーがあります毎週いろんなネタでみんなを和まそうといろいろ考えていて、皆さんもそれを期待してくださるようになったのですが、前回はこんな話をしました。

           『今週もやってきましたこのコーナーですが、残念ながらこれも今日が最後になりそうです。というのは、先日会社の社長から
           「才谷、おまえ来週から東京転勤や」
           って言われまして・・・』
           
           前回の日曜は4月1日。そう、エイプリルフールですね(笑)なので、何か皆が信じてしまうようなことを言おうとめっちゃ考えましたしかし、不謹慎なのはいけません誰かが死んだとか、災害が来るとか、そんなのは不愉快にさせるだけですし、かといって大きなことを言うのもバレバレで盛り上がりません。芸能事務所にスカウトされたとか、宝くじの一等に当たったとか。
           そこで考えに考えて思いついたのが、これ。しかしこれも、『来週』とかは急すぎてリアルに欠けるのでばれるリスクはありましたが、そこは演技力。思いつめたような表情で声を絞り出すように言うことで現実味を出しました(私の会社は京都にしかないので、転勤すらありえないのですが)。

           結果、一人を除く全員が信じてくれましたよ一瞬場が凍りついて、ながさわさんなんか

           『本当?』

           って驚きの表情。そりゃそんな話は皆にとって青天の霹靂ですからね。もうちょっと引っ張ろうと思ってた私も思わず

           『え〜・・・今日は何の日でしょうか』

           とネタばらししちゃった

           でも一瞬ではありましたが、皆の寂しそうな顔を見れて

           『あ〜、私はここにいていい存在なんだな』

           って確信を持ちましたよ。私がいなくなる事にこんなに悲しがってくれる人がたくさんいるんだってわかったから。ちょっと嬉しかった

           みんな、騙してごめんね
          | 才谷龍太郎 | 季節の話編 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          ひぐたか結婚祝〜当日の軌跡〜後編
          0

             
             式が終わり、披露宴までの待ち時間。親族は記念撮影のためにチャペルへ戻り、私たち知人友人はロビーで待機でした。その人数の少ないこと5~60人はいたはずなのに(いや、もっとかもしれない)、ロビーには数えるほどしかいません。そんだけ親族が多かったのね

             『俺ら、厳選された招待客なんやなぁ

             なんて冗談言いながら待っていると、程なくして披露宴会場へ通されました。入り口には何やらウェルカムドリンクのようなものが。オレンジジュースウーロン茶・ウイスキーの水割り一つだけアルコールでしかもウイスキーかよ(笑)迷わずそれ取っちゃいましたが
            仲間
             さて、前回も書きましたが、私はこの披露宴において友人代表スピーチという重要なミッションを任されていました。依頼されてからの約一ヶ月程で練りに練った内容を今一度復習しようと、緊張感高まる中胸ポケットに用意していた紙を取り出そうとしたのですが・・・ないどのポケット探ってみてもないもしかして・・・忘れた

             なんちゃって(笑)そんなもの用意していません全部頭の中に叩き込んできましたから。カンニングペーパーあると安心なんですが、それを読みながらだと棒読みになりがちで面白くないし、何より親友の友人代表だもの。自分の言葉で心込めて話したいじゃないですかただ、こういう大舞台で、しかも初めての経験にも関わらず何も見ずにスピーチするというのは相当なリスクですよね。私、危ない橋渡るの好きですから(笑)

             ところが、そんな余裕ぶっこいてた私にも想定外な事態が起こりました
             ウイスキーを飲みながら開宴を待っていた私に、スタッフの一人が声をかけてきたのです。

             『すみません、本日スピーチされる才谷様ですか

             『ですが、何か?』

             『私、司会を務めさせていただく者ですが、才谷様のスピーチは開宴後すぐになりますのでよろしくお願いいたします。

             なにぃ〜〜〜聞いてねぇし・・・っていや、あいつ言ってたかな
             早速ウイスキーでほろ酔い加減になりかけていたところにそんな情報スピーチは式の中盤くらいと考えていた私は、一気に酔いが醒めてしまった(笑)んで一気に緊張感はピークにこれはいかん、ちょっと酒入れて麻痺させとかんと。と思いだすと、時間の経つのって早いもんですね。あっという間に開宴時間に。


             会場が一旦暗くなり、新郎新婦が入場してきました。スポットライトに照らされた二人は、これまでになく輝いて見えましたよ会場をぐるりと一周した二人は高砂へ着席。披露宴の始まりです

             しかし、この披露宴でまさかの事態が起こってしまうとは、そのときの私は全く予想だにしていませんでした。。。
            続きを読む >>
            | 才谷龍太郎 | 土佐の国 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ひぐたか結婚祝◆租日の軌跡〜(前編)
            0
               さて、式当日の話をしましょう。

               前日、京都駅からバスで向かった私夜行バスは眠れないから嫌いなのですが、当日出発では間に合わないので仕方がない。毎度のごとく、1〜2時間睡眠で高知駅に降りたのが早朝6時ようやく夜も明け始め、駅舎の上にはきれいな満月が煌々と光っていました

               私は、どこか休めるところ、そしてスーツとはいえ仕事着のまま来たので、シャツを着替えたかったし歯も磨きたかったので、ネットカフェに入ろうと思い、駅員さんに聞いて見ました。

               『すみません、この辺にネットカフェかマンガ喫茶ってあります

              すると・・・

               『駅前にはないですね。ちょっと歩いた追手筋ってところか、帯屋町って商店街の中にあったと思いますよ。

               だと!!駅前にないって・・・こんな朝早くに降ろされて、迎えも行くところもない人はどうやって時間過ごせばいいんだよ

               仕方がないので、追手筋(高知城まで続く大通り。日曜市で有名)まで歩くことに。10分ほど歩いたところにありました。店内に入って入店手続きをしようとすると

               『申し訳ございません、ただいま満席でございまして・・・

               な〜に〜やっちまったなぁ

               『この近くにほかにこういう店はありますか

               『いや〜この辺ですと、帯屋町に一軒あったんですが、最近潰れまして。この周辺ですと、当店だけになります

               ぅおぃ県の中心地だろ、ここはどうなってんだよ。。。とはいえ、そういうことなら仕方がない、スタバかマクドかドトールでもいいや、とにかく腰降ろしたいと帯屋町をぶらつくが、開いている店がない。やっているのはコンビニくらい。念のため、コンビにでも聞いてみた。

               『すみません、この辺で開いているカフェか何かありますか

               店員さんはしばし考え

               『すぐ先に、モスバーガーがありますが、6時半開店なんですよね。この辺はそれくらいしか・・・

               あと10分、、、仕方ない、待つか。と言われた先を歩くが、行けども行けどもモスバーガーなぞどこにも見当たらない。さては田舎人特有の『すぐそこ』が実は2〜3キロ先とかいうパターンかなら諦める、戻ろう。とさっきのコンビにまで戻ると、コンビニのすぐ手前にマクドナルドがあるではないか。店員さん、モスとマクドを間違えてら(笑)

               マクドに入って腹ごしらえして、7時過ぎに再び始めのネットカフェへ再入店すると、今度は空席がありました。着替えと歯磨き、そしてバスの中で取れなかった睡眠を取り戻そうと寝・・・ようとしたが、周りの客のいびきがうるせ〜しかも一人じゃねーし(笑)結局、まんじりともできずに出発の時間に。これは披露宴でヘベレケ確定だわ

               式場までは、出席する地元の友達が車で来るというので、高知駅で待ち合わせることにしていた。式は11時から。待ち合わせは10時過ぎ。駅から式場までは10分少々なので、余裕だね。と思っていると、友達は

               『ぎりぎりや。間に合うやろか

               と焦り気味。聞いて見ると、式を30分間違えて覚えていたらしい。君、それは受付開始時間だよ(笑)
               
              続きを読む >>
              | 才谷龍太郎 | 土佐の国 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ひぐたか結婚祝 舛もひで〜
              0
                 夜明けの高知駅前
                 先週、幼馴染で親友のひぐたかの結婚式に行ってきました
                 
                 一泊二日の帰省でしたが、とても良い式でした

                 今回、親友ひぐたかの結婚を祝って、シリーズで記事を載せたいと思います。

                 初回は、今回の式で私が友人代表のスピーチをさせていただいたのですが、そのスピーチを基に昔を振り帰りながら、彼との思い出を書いていきます。



                 私と彼とが知り合ったのは、小学二年の頃でした。彼が私の通う小学校に転校してきたのがきっかけでした。以来、20年以上に亘って交友をもってきたわけですが、どうしたものか彼が転校してきたという記憶が全くありません物心ついた時には彼はすでに私たちのグループにいたものですから、小学二年の時には私はまだ物心ついていなかったということになるのでしょうか・・・

                 さて、昔のひぐたかは、非常におとなしく、無口でシャイな、どちらかというと存在感を感じさせない奴でしたしかし、妙に人の輪に、人の心に自然に入り込むようなところを持っていて、且つ人に違和感や不快感を感じさせないという優れた天性を持っているのです
                 あるとき、私たちがいつもの遊び場でいつもの様に遊んでいたときでした。そこへ、いじめっ子グループがやってきたのです。彼らは私たちに近づいてきて

                 『おいおまえらここで何してるここは俺らの遊び場やぞ。誰に断って遊んでるんだ

                 なんてどこかの三流のドラマか映画のような言葉で威嚇してきました。そして

                 『勝手に遊んだことを謝れ

                 と一人ひとりに迫ってくるのです。と、おもむろにそのいじめっ子がひぐたかの方を向き

                 『ん、ひぐたか君はいいよ

                 ・・・って、えええぇぇぇぇぇ

                 どんな人にも好かれ、敵を作らない彼の人間性はこの頃からあったようです。

                 小中時代、ひぐたかとは本当によく遊びました。川で山で海で空き地やグラウンドで・・・そのなかで一番思い出に残っていることといえば、中学三年の夏に自転車で四国一周をした事でしょう彼と、私と、もう一人の友人と3人で10日程かけて四国4県をぐるりと回ったのですが、ある時の夕方、テントを張った川原の近くで夕食を作っていたときのことですその場所は河口から程近い所にあって、今思えば十分予測できたことなのですが、火を起こして飯ごうをしていると、徐々に水かさが増してくるのがわかったのですそう、満潮の時間が来ていたのですね。『マズイ』と思ったときにはもう遅い(笑)飯ごうが炊き終わる前に火が消えてしまい、できたのは芯の残った硬い米・・・しかしそれしか食べるもののない私たちは、『硬い、マズイ』と苦笑いしながら、しかし誰もお互いを攻めることなく食べたのです。その米の味は、今でも思い出せませんが(笑)
                続きを読む >>
                | 才谷龍太郎 | 昔の思い出 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                父子の杯
                0
                   先日、仕事で父が上京してきたので、夕食を共にした。
                   私の行きつけの居酒屋へ連れて行き、私はビール、父は普段から飲まない人なので、ウーロン茶を飲み、食事をしながらいろんな話をした。

                   高卒後、家を出てからはなかなか二人だけでゆっくり話す機会も少なかったので、いい時間を過ごせた。仕事のこと、教会のこと、家族のこと、そして、結婚のこと…

                   私は普段は聞き役だが、お酒も進んでいたのでたくさん話したのだが、それ以上に父はよく喋った
                   父も普段は聞き役で寡黙なタイプなのだが、教会の話を振るとまぁよく喋る(笑)それだけ、日常であまり話す機会もないのかなとそこは黙って聞いていたが。。。

                   ところで、私にはひとつの夢がある
                   それは、父と一緒に酒を交わすことテレビのCMなんかでよく、父子が一緒に飲みながら話をするシーンがあったりするし、私の周りでもそういう親子がいる。それが羨ましく、一度やってみたいとずっと想っていた。

                   父は、牧師業をしているため、日ごろは全く飲まないし、そういう席に行っても極力口にするのを避けるため、これまでは私も自重してきた。この人は、酒が嫌いなんだ。飲みたくないから避けているんだ。そう思っていた。
                   しかし、一人だけの暮らしももう残り少なくなってきた今、やはりその夢を叶えたいという想いが沸いてきたため、ここぞとばかりに打ち明けてみた。

                   『今日とは言わない。独身生活が終わるまでに、一度でいいから親父と酒が飲みたい

                   すると

                   『ええよ。言っとくけど、俺はお前より強いからな

                   なんとあっさり・・・父曰く

                   『酒が嫌いなんじゃない。何を飲みたいかよりも、誰と飲みたいかだ。宴会の騒がしい席で気を遣って飲むのが嫌いなだけで、安心・信頼できる奴とであれば、飲んでもいい。』

                   とのこと。なんか、安心した
                  続きを読む >>
                  | 才谷龍太郎 | 趣味の話 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  役員候補生
                  0

                     今日、所属教会で教会総会がありました。これは、宗教法人法に基づき年に一回、会員を集めて行う総会で、活動報告・計画、収支報告・計画、役員選出、その他教会の運営に関わる議題を話し合うものです。

                     教会の役員は、ここで会員による選挙で選ばれるのですが、被選挙権は、会員になって3年以上且つ礼拝出席率が年3分の2とか半分とかいろいろと決まっておりまして(面倒くさくなった・・・笑)

                     今年、私はなんと役員候補生に選ばれてしまいましたというのは、役員は会員から4名が選出されるのですが、私は6番目。5番目と6番目の人は、補欠として役員会のお手伝いをしなければならないのです

                     去年は7番目だったので、なんとかその役は免れましたが、今年は逃げられない(笑)役員さんに

                     『来週ハンコ持ってきてね〜』

                     って言われちまったよ

                     総会が終わってから、子どもたちが

                     『ね〜ね〜、総選挙どうだった

                     って"あの時"を彷彿とさせるような質問をしてきたので

                     『俺がセンターだ

                     って言いそうになったけど(つか、大阪のおばちゃんに先言われたし。。。)、これだけは頼まれてもセンターやりたくない

                     一応
                     
                     『研究生です

                     って言っておいた(笑)

                     ともかく、年々役員への道を一段一段進んでる気がするんだが・・・こんな人間役員にしたら、教会潰されまっせ〜(笑)
                    | 才谷龍太郎 | キリスト教の話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    人として
                    0


                       キリスト教界ではよく

                       『クリスチャンとして教会ではどうあるべき、社会の中ではどうあるべき』

                       という言葉が聞かれます。

                       それは個人個人思うところが違うだろうし、別に構わないのだけれど・・・

                       中には、『クリスチャンとして』というところで、人前で仮面を被ってクリスチャンらしく見せなければ!!と一生懸命になって疲弊してる人がいるので、困ったもんだな〜と思ってしまいます。

                       クリスチャンて何だろう?そのイメージって、どんなものですか?
                       私は、生まれた時からこの環境だったので、これが当たり前だと思って過ごしてきたんですが、多くの人から見ればクリスチャン像はやっぱり特殊みたい。

                       "真面目" "正直" "欲が無い" "争いを嫌う" "腰が低い"など、良いイメージがよく聞かれます。クリスチャンの中にもそのような像を思い描いて、『そうならなければ!!』と必至になっている人がいます。

                       何故?

                       自然にできる人はいいでしょうが、常に意識して頑張らないとできないのなら、やらなければいいのにと思うのです。
                       頑張ってできるのなら、何もクリスチャンになる必要はない。クリスチャンになって『私は変わりました』って人は、頑張ったからではなく神によって変わったのであって、自分の努力ではないから。
                       そして、思うようなクリスチャン像になれなかったからといって、嘆く必要はない。変わることが全て、神の御心とは限らないから。変われない自分を不信仰だと嫌悪するなら、それこそ自己中心という罪だと思う。

                      続きを読む >>
                      | 才谷龍太郎 | なんとなく | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                      <new | top | old>